第三回おうち食医認定試験のお知らせ

※こちらの認定試験は、おうち食医養成講座のベーシック、アドバンス、アドバンスネクスト終了生が対象となります。


みなさま、いつもお世話になっております。

早いもので、ベーシックコースからスタートした、おうち食医養成講座もそろそろ3年目のアドバンスネクストも終わろうとしております。

おうち食医は、資格をとることよりも、実践し、毎日の生活へ落とし込んでいただくこと、
ご自身やご家族など大切な人の体質改善を最重要視しております。

全ての課程を修了された方は、修了書を差し上げますので、

「体質改善もしたし、それで十分です」という方は、それで十分だと思います。

それでも、この3年間、どれくらい中医学、薬膳のチカラが身に付いたのか、試してみたいという方は、
下記のとおり5月に認定試験をいたします。

合格後には、「おうち食医」の認定書を差し上げます。


昨年受験された方は、

「まとめて勉強することで、頭の中の整理がつきました」

という方もいらっしゃいます。

※記※

<日時> 11月9日(土) 13:00~(約2時間程度)

<受験料&認定料> 10800円

(合格点に達しない場合、追試験料5400円)

<持ち物> 筆記用具(テキストの持ち込みは禁止となります)

※試験範囲は、ベーシック・アドバンス・アドバンスネクストの全範囲となります。しっかりお勉強して準備してきてください。

(下記参照)

※70点以上合格といたします。合格点に達しない場合は、別日に追試をいたします。(追試験料5400円)

※受験資格は、ベーシック・アドバンス・ネクスト全課程終了、ネクスト課題全提出となります。

(受験希望者で、ネクストの課題をまだ提出していない方は、メールでもかまいませんので、私まで送ってください)

※おうち食医認定後は、「おうち食医」を名乗って、中医学&薬膳の活動が出来ます。

※お申し込み&お問い合わせは、おうち食医事務局まで o.syokui@gmail.comまで。

【試験範囲】

1 五行相関図・五行属性表は絶対に暗記してください

(試験が終わった後も、暗記しておいた方が何かと便利です)

2 五臓六腑も暗記してください

(再受講までして学んだ五臓六腑は中医学の基本です)


3 臓腑弁証・症例別の薬膳は選択問題です

(鬱なんて字は、練習しなくていいです笑)

まずは、実証か虚証か?判断してください。

その症状にそんなに虚しているところがみられなければ、実証です。
逆に、虚しているところがあれば(疲れやすい・めまい・顔色が悪いなど)、虚証です。

実証なら邪気は何なのか?(外邪?気?食?など)

邪気がわかれば、取り除くのが治法です。(治法も4文字熟語が書けなくてもOK!)例:邪気が外邪なら、解表とか。邪気が気なら理気とか。

虚証なら足りないものは何なのか?(気?血?)それを補えばいいのです。

4 授業中に何度も書いた図や、みなさんしつこく質問したところは、重要なところです。なので、しっかりと覚えてきてください。

(きっと、みなさんがテキストに同じような図を書き込んでると思いますが、それです! 笑)


5 季節の薬膳は覚えてきてください

(四季のいずれかが記述で1問でます)


6 アドバンスネクストの課題はよく見直しておいてください

(弁証問題で出題されます)


【おうち食医になったらできること】

1 名刺におうち食医が名乗れます

2 おうち食医講師認定講座が受講できます

(おうち食医のテキストを使っての講座はおうち食医認定講師ののみが開催できます)